メーカー・ブランド別

IMG_2723.jpgここ数年で気になるランドセルとして人気が急上昇してきた「ニトリのランドセル」
ニトリと言えば、低価格の額を販売する全国チェーン店で有名ですが、数年前からランドセルも販売するようになりました。

最初の頃は、あまりにも低価格でなことから、安すぎて使い物にならないのではという評判が多く、あまり注目されていませんでしたが、ニトリのらアンドセルも年々進化しているようで、他の一流ランドセルメーカーと比べても遜色ないレベルになっているようです。

先日、ニトリに行く機会があったので、展示されている実物をじっくりとみてきました。

手に取ってみる限りは、セイバンやふわりいやコクヨあんふぁんなどの量販型ランドセルとほぼ同じ感じです。

つくり的にも、A4フラットファイルがすっぽり入るサイズなので、収納力も十分あるようです。

気になったのは、価格が昨年よりも大幅にアップしていること。

昨年は確か、1万2千円くらいだったと思うのですが、今年は3モデルあるうちの一番安いモデルでも、19,900円と価格がアップしたようです。

たぶん、売れ筋になるだろうと思われる中級モデルは29,800円の価格設定なので、他のランドセルメーカーよりも若干安いかなというレベルです。

安すぎても判が悪く、高すぎても売れないというのがランドセル業界なので、ある程度の値段をあげて、その分品質と機能面でも充実させたのでしょうね。

もしかしたら、2月くらいになると処分セールで格安になるのかなと期待しています。

 コクヨのあんふぁんランドセルシリーズ、今年は色もデザインも例年より益々増えました。プレミア志向に応えるため、上品で可愛らしくもあるショコラブラウンも仲間入りです。

 コクヨのあんふぁんシーリーズのランドセルには、縫い目にカラーを入れたカラーステッチモデルがあります。ゴテゴテした飾りでは6年生になった時に飽きてしまう場合がありますが、ステッチならばちょっとしたアクセントのお洒落で、飽きがくるものではありませんね。

 女の子に人気なのは、お姫様な気分になれるパール調の色。フェアリーパールなど4色のロマンティックパールです。色だけでなく、反射鋲やナスカンなどがハート型のデザインであったり、内張り柄がキュートであったりと、細かいところにまで気を使っています。こちらは完売が続出しています。

大容量ランドセルはあんふぁん

 2013年度のアンファンコクヨランドセルは、全モデルで大容量です。どのメーカーも横幅はA4ファイル対応に力を入れていますが、実はタテサイズも大切です。タテサイズが足りないと、入れたファイルなどが被せに当たったりつかえたりして型崩れの原因になります。でも子供はお構い無しにギューギュー詰め込みますし、蓋を無理やり閉めようとします。このあたりは、少しゆとりを持たせてあげたいポイントです。

 アンファンコクヨは、全ての児童にこのゆとりが必要だと感じたのでしょう。「これは、あれは、対応していません」というものではなく、容量で悩まずにデザインなどはこだわってもらおうという趣旨が伺えます。

 さすが文具メーカーコクヨだけあって、A4サイズきちんと入るというところは抜かせないでしょう。また、付属品にはお名前シールもついてきます。

デザインを安心して悩もう

 機能はどのランドセルも揃っているので「これはデザインがすごくいいのに、これがついてない」とか「機能はいいけど、デザインを子供が気に入らない」ということがありません。安心してデザインで悩んでみましょう。

 機能で違う部分はロックの部分です。ワンタッチロックか、ワンタッチ&スライドロックのどちらかになります。

 デザインは「パターンオーダーランドセル」で自分の好きな内張りを選んだり、チャームを選んだりできます。ホームページにはシュミレーションもついていて、イメージを確認することができますよ。

 さらに、女の子にはお姫様感たっぷりのキラキラ系新モデルが登場したり、新しいカラーも出ています。

素材は牛革も

 ほとんどのモデルがクラリーノFを使っています。が、Marryモデルだけが牛革を使用しています。これは総牛革ではなく、質感が問われる被せの部分や、強度が必要なベルト部分に使われています。必要に応じて素材を使っているということなのです。

先輩ママからのワンポイント
 小学校に入学すると先生から「時間割や持ち物を最初は一緒に用意してあげるところから始めて、自分で確認しながら用意できるようにご家庭で指導を…」と言われました。次の日の日課を揃えるのは良いのですが、問題は学校の帰りです。自分で詰めて帰るのは意外に大変。結果、最初は時間がなくて、何もかもランドセルに放り込むという感じでした。

 今の小学生は持ち物が沢山です。増えた教科書だけでなく、体操服や水筒も入るようなランドセルが望ましいですね。小学校に上がったといえ、まだまだ足元は不安定な一年生、両手はあけて安全を確保したいところです。

 そこでランドセルは大容量がぜひ欲しいですね。

 子供のランドセルを持ってあげる機会があると良く分かるのですが、大人が背負わずに持ってあげる場合、ランドセルの肩バンドは持ちづらいです。しかも意外にそういう機会ってあるのです。そこで、大人も子供も背負わずに手で持っても安定するように、ハンドル付きにしました。しかも、邪魔な場合は取り外しができます。このように、細かいところも工夫されているのが今のランドセルです。

ふわりぃランドセルの中心素材と価格
 ふわりぃランドセルの被せ素材の中心はクラリーノFです。普通のクラリーノの軽量さを兼ね備えながらも、風合いを出した素材で好評です。重さはコンパクトワイドで890gという超軽量。しかもA4ファイルが入るワイドな幅です。
 価格は三万円代後半からありますが、リーズナブルなほうでしょう。

ふわりぃランドセルのデザイン
 クラリーノFランドセルは男の子はシンプルながらもステッチ使いがさりげなく格好良く使われています。内装も落ち着いたチェック柄です。一方女の子向けは可愛い色使いにハートの刺繍や金具。内装も可愛いチェック柄です。コンパクトワイドは風合いが少し違いますが、デザインのポイントは押さえています。女の子向けには他に限定パールカラーのチェックコンビもあります。女の子の流行を把握していますね。
 オーダーメイドもあります。ホームページ画面で、自分の作りたいランドセルをシュミレーションできるのも面白いですよ。

安全や諸機能
 背負う際の使い心地はベルトや背中のフィット感にあります。ランドセルの重さはダイレクトに肩にくるので、なるべく育ち盛りの肩に圧力はかけたくないものです。そこで、肩ひもの形状の付け根を立ち上がりにしてアーチ状にしました。立体構造にしたのです。
 内側はデザインがオシャレなだけでなく、A4フラットファイルが入る大きさです。安全面では、反射テープが施されていたり、防犯ブザーを取り付けるところが肩ベルト前方にあります。蓋を閉じると自動でロックされるのも嬉しいですね。ワイドポケットの中には金具がついています。キーチェーンを取り付けて、鍵や定期券を取り付けられます。夫婦共働きがよくある中で、鍵を落としたりせずにどう持たせるかと悩みますが、これがあれば便利です。ナスカンが一定の重さになると外れるようになっているのも良いですね。そうでないと、子供は掛けられるだけ掛けてしまうからです。両手は開けておきたいですね。

パールカラー限定モデル

 女の子に人気なのはやぱりパール系のチェックコンビ限定モデルです。ふわりぃチェックコンビでは内布にチェック柄を使い、ランドセルの蓋の部分にもチェック柄の縁取りをしているなど、可愛らしいチェック柄を採用しています。他にもかぶせのステッチを可愛くしたり、ハート型のチャームを付けるなど、細部のデザインにもこだわっています。


男の子にも人気のふわりぃコンパクト

 男の子に人気のふわりぃコンパクトでは、背中面と横面のつなぎ目のヘリまきを無くす特殊製法で作られているため、ランドセル特有のこっついイメージ少なくなりスッキリした印象を受けます。また、これにより内容量をアップさせつつ、重量を軽くするというメリットも生まれたとのこと。



 可愛いカルガモ君が呼んでいるようなランドセルの「かるすぽ」はイオンのモデルです。最寄のイオンなどで、買い物ついでに実際に子供に背負わせて購入検討だってできる便利さも魅力です。

「かるすぽ」は軽くて安い
 トップバリュー「かるすぽ」は、重量は約1000g(980g〜1050g)。価格は3万円代で、素材はクラリーノFを使っています。マイカラーランドセルは、自分でランドセルの蓋や内張りを決めることができるのに、3万円代前半という安さです。オーダーメイドとは思えないですね。

デザインはオーソドックスなものとオシャレさん
 デザインは24色というクレヨンばりの色揃いです。とにかく色にこだわりたい子供のランドセルは、ここで選ぶのが一番幅があって選び甲斐があります。形はオーソドックスなものがある一方で、安全や背負いやすさはなどの機能は確保しながらも、蓋に刺繍がしてあり、蓋を開けると可愛らしいハートや四葉のクローバーのポケットなどがあります。
 ニューバリエーションランドセルは、縁取りが可愛いランドセルです。他メーカーでも縁取りがアクセント色になっているものがありますが、こちらはリーズナブルな値段で手に入れることができます。

軽いけど大容量で整理整頓しやすい
 軽くてオシャレだけど、中身があまり入らないのは意味がありません。今子供に必要とされている、増量した教科書副教材向けの大容量ランドセルです。
 また、小学校入学当初は、それほど教科書が多くはないので「しわけジョーズ」というしきりがあります。これを入れることによって、中身のガタツキをなくして、持ち物をバラバラにさせないのです。また、仕切って整理整頓することによって、鞄の中身をきちんとしようという習慣がついていくように思います。一年生からこうした習慣を身に付けていくと、高学年になって教科書が増量しても整理整頓に困ることがないでしょう。

6年間保証
 ランドセルは当然6年間使います。普通の使い方で不具合が生じた場合は、保証期間内無償修理をしてくれます。「ランドセル修理に出したら、何で学校行くの?手提げじゃ目だっていやだな」という子供もいるので、その間の代わりも用意してくれています。

24色から好みの色を選べるかるすぽランドセル

 色が24色というと、まるでクレヨンの色のようですね。豊富な色の中から、子供が納得する色を選ぶことができます。

 女の子に人気のあるカラーとしては、キラキラのメタリックタイプや、エナメルラメ入りなどです。レース刺繍のような刺繍が肩ベルトにあったり、ステッチが可愛くなっていたりします。


各部の色を自分で組み合わせられるMYカラーランドセル

本体、かぶせ、へり、鋲、刺しゅう、キーホルダーの6か所の色やデザインを自分で選ぶことが出来るのが「MYカラーランドセル」です。2013年モデルから初めて採用されたランドセルモデルなので、評判のほどはまだわかりませんが、カラーも豊富で組み合わせパターンも無数にあるので、オリジナルランドセルの気分を味わえます。

 池田屋は鞄メーカーの老舗です。メーカー兼販売店でもあるので、購入するお客さんと会話しながら提案したり物を作っていきます。組立てや修理などの職人の仕事もしています。60年の鞄作りのノウハウは、ランドセルに生かされていて、長い時間をかけて使用してきた人たちの意見も取り入れながら唯一無二のものに仕上げました。1950年創業以来の試行錯誤をしてきたからこその「日本一のランドセルを」という言葉がでるのでしょう。技術だけでなく、顧客を大切にするアフターサービスも充実しています。

池田屋ならではのデザイン
 「池田屋でなければ」という自信溢れるランドセルは老舗ならではですが、専門店としてさすがの徹底ぶりです。子供が背負いやすいようにとデザインは機能を損なわないものになっています。一つひとつ職人の手作りで、量産品にはできない技術が搭載されています。
 最近流行の曲線的な形や、刺繍はありません。ごくシンプルなデザイン。鋲もキラキラしていません。刺繍は結局のところ表面に傷がつくので防水の邪魔になるという考え方なのです。鋲は傷の原因にもなります。パッと見の良さではなく、無駄を削ぎ落とした美しさというところでしょう。このシンプルさは、高学年になって「今更ハートマークやキャラクターは恥ずかしい」という頃になるとグッと良さがわかってくるのではと思います。

収納力も確保
 定番型の形でも、収納力は確保されています。教科書のほかにA4サイズのフラットファイルも対応していて、給食袋や水筒を入れることも考えてゆとりの内寸になっています。更にマチを伸縮できるものになっているので、小さいマチが4.5まで広がります。使わないときはコンパクトで、入りきらないとなったら広がるという点はすごいです。
 また、内装は黄色が基本ですが、これは中を明るく見せるため。奥まで明るく見せて、出し入れを助けるためです。よくランドセルの底にプリントなどを溜める子がいますが、防止策になるかもしれません。

考えられた安全性
 安全性もよく考えられて作られています。他のメーカーと横並びではない考え方でしょう。小学校上がったあたりの子供はまだまだ不安定な足取りですから、ランドセルを背負ったまま転んでしまうなんてよくあります。そこで、フックなど首や後頭部などにあたるものは金属製を使用せずナイロンループになっています。バックルも普通は金属製のピンが使われていますが、池田屋では先端が丸い「キボシベルト」を使用しています。他にも巻き込み防止になるフックや、劣化したら取り替えられる反射テープなどがあります。

イタリア製牛革とクラリーノ
 池田屋の素材は牛革・クラリーノ・コードバンです。牛革は専門店ならばよく扱う素材ですが、池田屋はイタリア製防水牛革を使用しています。クラリーノも風合いを生かした特注ツヤ消しクラリーノ。もっとすごいのは、シルバーメタリックイタリア製防水牛革。形は同じくシンプルなのに、近未来的なイメージは独特です。縁取りがされていて、高級感も増しています。

老舗の6年間無料保証とは
 6年間保証というのは、わりとどこのメーカーも実施しています。安い買い物ではないですし、ランドセルはないと子供が直に困るものなので、ぜひ付いていて欲しい保証です。でも出来れば壊れて欲しくないですよね。
 池田屋の6年間保証は、そんな親の願いも、職人さんの心意気も入った保証です。基本設計・部品・素材・デザインと全てをオリジナルで作っているのですから驚きです。というのは、今のランドセルが安価に手に入るのは、部品を色々なところから調達したり、海外で製作したりというところからひねり出されたものが多いからです。しかし池田屋はよく修理が多い部分は改良して補強し、修理の頻度が低いものを完成させたのです。つまり、6年間完全無料保証というのは、この老舗ならではの自信からくるものなのです。

 長く子供の教育番組に体操のお兄さんとして出演していた「ひろみちお兄さん」こと佐藤弘道さんがCMで有名なセイバン。今も根強い人気なのは、佐藤弘道さんの笑顔でしょうか?お母さん方が子供が赤ちゃん時代を苦労した時を、一緒に歩いてきたイメージがあります。おかあさんと一緒という番組を、子供と一緒に見続けた人は多かったでしょう。

 しかし、もちろんセイバンの人気はそれだけではなく、「天使のはね」という子供が背負うにあたり軽減される負担は、売り出し当初から画期的だったのです。

人気の機能が満載のランドセル

 本当に背負っている荷物の重量より、体感重量が肝心です。まだ小さな身体に負担にならないよう、安全に使いやすいように考えられている機能が人気の秘訣です。

 一番は「天使のはね」です。これまでのランドセルは素材などで軽いものをという考え方が多かった中、天使のはねは画期的でした。肩ベルトの付け根部分に「はね」を内蔵して肩ベルトが起き上がる形で背中への圧力が分散されるという、物理的な考え方に沿っています。

 他にも「3D肩ベルト」も人気の機能です。こちらも荷重の掛かり方をきちんと考えた構造です。肩ベルトを内径を長くして荷重を引き上げ、外径を短くして荷重を引き下げる効果になっています。わん曲状にすることで背負いやすくなるのです。

 他にも金具が当たらないようフィットさせた「ひねピタ」や、施錠を簡単にした「ワンタッチ・ジュラロック」、肩ベルト滑り止めの「ラクパット」、擦れや色落ちを防止した「内張りPET」、軽く感じる機能「せみね」、「レインガード」「安全ナスカン」「小ナスカン・Dカン」、変形防止機能「スーパーフィット」、反射材、持ち手ハンドル、多機能さに驚きです。

デザインと素材

 被せなどに使われる刺繍が優雅で飽きのこない模様になっています。素材はクラリーノFやクラリーノSUPLEMO。牛革など天然皮革を使用していませんが、「モデルロイヤル・レジオ」などは高価なほうですね。

 百貨店モデルと量販店モデルがあります。鋲の違いや、ラクパットの有無などが違います。購入時には注意しましょう。

マイナスポイント:A4フラットファイルは入らない

 多くのメーカーがAファイルやAフラットファイル対応にしている中、Aファイルは対応しているものの、22.2cm幅なのでフラットファイルは難しいです。旧モデルも販売していますが、一部にはA4ファイルが対応していないものもあります。旧モデルの場合は、内寸をチェックしてから購入しましょう。

 谷花音ちゃんの明るくて可愛いCMで注目のフィットちゃんランドセル。話題だけではなくて、機能的にもラインアップの多さも、流行を取り入れて子供達の心の吸引力は目を見張るものがあるでしょう。母と子が選ぶランドセル1位の座ではないでしょうか。

新作は子供の心を鷲づかみデザイン

 女の子ならばお姫様気分が味わえるキラキラ系、男の子ならばシャープでスマートなものか、近未来を感じさせるものが人気です。女の子は「あい・愛ティアラ」が人気ですね。15色のバリエーションもありますが、ティアラやハートの端正な刺繍が素敵です。四葉のクローバーを思わせる四つのハートの背あて、反射鋲やラインストーンの引き手など、細かい部分でも可愛らしさを演出しています。

 男の子の人気は「グッドボーイ」。男の子は女の子のように派手な演出はしませんが、シャープなステッチはカッコイイと思うようです。「ハンサムボーイ」というシルバーメタリック被せのランドセルもあります。こちらは近未来的な格好良さです。WEB限定価格があるので、こちらを狙う方はWEBで検討してみましょう。最近は男の子でもカラーを気にする子供が多くなってきた・・・ということは頭に入れておきたいところです。

 オーダーメイドフィットちゃんもあって、こちらは色々な組み合わせが選べます。が、2013年度は終了してしまいました。

子供標準を考えて作られている

 フィットちゃんランドセルのコンセプトは「子供標準」に基づいています。成長と体型に合わせて楽に背負えること、自然な姿勢を保ち、肩や腰への負担が少ないこと、背中がむれにくく、快適に背負えること、丈夫で6年間使えること、子供の安全を守れること・・・という5つのチェック項目が設けられています。これらを元に開発され、クリアされた機能のものなのです。

素材も豊富!

 革鞄メーカーなどでなければ、牛革やコードバンを扱わない傾向がある中、フィットちゃんは牛革やコードバンも扱い、さらに軽量化に取組んでいます。

 クラリーノだけでも4つの素材があります。普通のクラリーノから、F、FニューモST、タフロック。この中でタフロックが評判がよく、高密度ウレタン層の再表面に特殊処理をして平滑性・耐摩耗性・対傷性・耐久性を向上させたものです。

 牛革やコードバンは高価になるので、WEB価格になるとグッとお買い得になります。被せコードバンで本体牛革などは本来かなり高価なものです。

 人気のデザインのポイントはしっかり組み込まれているララちゃんランドセルは、今年も人気があります。すでに可愛らしさ格好良さが備わっているので、アクセサリー不可の学校でも安心です。引っ掛け防止もありますが、可愛いアクセサリーを持ち込むことでのトラブルを回避しているところは多いです。

 また、ララちゃんの2013年度は表はタータンチェックで裏は黄色の安全カバーというリバーシブルのカバーがついてきます。黄色いカバーは一年生時に、それ以降はタータンチェックの可愛いカバーで雨を防ぐことができます。高学年になって黄色いカバーはあまり着けないので便利ですね。

デザインと素材

女の子のに人気があるのはエンンジェルララとエンジェルパール。被せだけでなくベルトにも可愛い可憐な花の刺繍が入っています。刺繍が映えるカラーバリエーションに、ピンクのステッチがさりげなく演出しています。

 素材はベルバイオ5。エンジェルララはつや消しで、パールのほうはツヤありです。このベルバイオ5は人工皮革で、傷がつきにくく防水性があり、お手入れが簡単です。内張は水拭きができるピンクのチェック柄。お手入れを考えてよく作られています。6年間綺麗に使えるって嬉しいですよね。

 他にはおおきな持ち手が特長のティティ・エ・ティエは、イタリアデザイン。レトロな雰囲気でグッドデザイン賞を受賞しています。塾などに通う子供にもそのまま持参できて良いですね。
男の子にはオーソドックスな形の「あい」や大人なデザインの「キララ」が人気です。

機能も充実!

 可愛らしさが強調されていそうなララちゃんですが、実は機能も充実しているのが親の購入意識を高めています。やはり安全で使い勝手が良いものを背負わせたいのが親心ですよね。
「新形状ベルト」は人間工学に基づいてデザインされています。快適な背負い心地が追求されているのです。髪の長い女の子は背カンに髪を挟み込んでしまうことがありますが、これを新開発しています。

 他には、「形態安定加工」としてメインの収納場所をつぶれたりしても元に戻る加工をして型崩れを防いでいます。

他にも「安全フッカー」は事故防止のために側面フックが30キロ以上の加重がかかると外れる構造になっています。外れてしまった場合、6年間は無料で部品を送付してもらえます。

 鋲は「反射鋲」になっています。側面の鋲に自転車などの光があたると反射します。帰宅時の夕暮れ時などは心配なものですよね。

 「ダブルマルチフッカー」は左右の肩ベルトに防犯ブザーなどを取付けるフックが装備されています。留め具が後ろにでていないので、衣服を傷つけたりしないようになっています。防犯ブザーは以前はランドセル側面にぶら下げる子が多かったですが、実際使う場合手が届かないので、今はみんな肩ベルト前面に取り付けています。

 「NEWフィットメカ」は金具がバネのように左右に動くことで、動き回ってもランドセルと身体がフィットする構造になってます。ランドセルを上下左右にガタガタ揺らしながら走る子供をよく見ますが、それが軽減されるわけです。

金属アレルギーを少なく、軽量な高級金属「チタン」を使用

 金具は金属アレルギーが少なく軽量のチタンを使っています。「フィットアンドロングベルト」は、8個もの穴があけられ、身体がお多大きくなっても使えるようになってます。170センチの身長の人でも背負えるようになっています。大人でも背負えるほどのランドセルならば、6年生になっても安心ですね。

A4サイズ対応はイマイチ

 ただし、A4ファイル対応については内寸幅22.2センチで対応していますが、フラットファイルやバインダーの寸法にはちょっと足りません。

6年間修理保証と事故お見舞金のお守り

 6年間きちんとランドセルを使いたいので、修理保証は要チェック項目です。丈夫で壊れないことが一番ですが、万が一修理が必要な場合に「買い直した方が早い」では困りますね。代替えランドセルを貸し出してくれるのならば、子供も「しばらく手提げで登校」ということもありません。

 ララちゃんも6年間修理保証が充実しています。最初の1年間は修理・送料とも無料。2年目以降は金具の欠陥などは無料です。修理期間中は代品も用意できるとあれば、嬉しい限りです。また、新入学から1年間の登下校交通事故のお見舞い金があります。こういうのが付いているのを買った時にかぎって交通事故などに合わなかったりします。つまり、お守りみたいな制度ですね。

 激安ランドセルでビックリしたニトリのランドセル。この価格でランドセルが出るのかと思ったものです。ある男の子の母親は、我が子がすぐに壊してしまうだろうと高価なものは避けて、途中買い直しが利く値段に抑えたという話があります。買いなおしをトータルしても、あまり高い金額にはなりません。でも、ニトリもさすがに新素材などを使って丈夫さを打ち出してきました。安くて丈夫ならば、こんな良いことはないですよね。

テイジン共同開発で丈夫さアップ

 低価格を実現しても、6年間使える丈夫さがないと困ります。そこで、ニトリはテイジンと共同開発をして生地に「タフガードライト」を作りだしました。軽量で傷や擦り切れ、破れに強いものです。更に背裏には共同開発の「エアリー」を使用しています。背中に当たる部分はどうしても蒸れたりするものですから、各社通気性などに気を使っていますが、「エアリー」も通気性・透湿性・速乾性を確保し、汗もかきますから耐水性もついています。構造は型崩れしにくい「ハコ型構造」で、実用新案取得をしています。

引けを取らない機能

 子供のランドセルを持ってあげる時に、ベルトを持つと持ちにくいものですが、持ち手がちゃんとつけられています。また、Dカン・ナスカンがついていて、防犯ブザーの取り付けにも便利です。

 肩ベルトも工夫がされています。可動式肩ベルトになっていて、体型に合わせて無理のない位置でフィットして、肩への負担を軽減します。増えていく教科書や荷物の負担をなるべく減らしてあげたい、と思うのが親心ですよね。

 他には、自動ロックの「ワンタッチ錠前」、加重がかかりすぎると外れて事故を防止する「安全Dカン」。安全には反射テープ。他メーカーが押さえている部分は、ニトリも盛り込んでいますね。

デザインも人気どころをチェック!

 2013年度NEWモデルは「キラピカわんぱく組」です。女の子に人気の色や刺繍もチェックされています。キラキラの刺繍にデザインステッチはその価格とは思えないほど入っています。キラッと光るラインストーンの鋲も注目ですね。

 スペシャルデザインは、今多い縁取りのあるデザインです。男の子向けにもブラッックにレッドというアクセントが格好良いですね。

 内寸は23.5センチというA4フラットファイルが入る幅も実現しています。

ニトリとセコム共同企画

 新一年生の親が何より心配なのは登下校の安全。毎日付き添って登下校というわけにいきませんよね。そこで、ニトリはランドセルを購入した人限定でココセコムを月額980円を共同企画しました。ニトリ企画ではない場合は、位置情報検索が月10回までが無料ですが、それ以上は有料です。しかしニトリとセコムを共同企画では位置情報検索無制限。しばらく毎日「大丈夫かしら」と案じる親の気持ちをホッとさせてくれます。

ニトリランドセルの口コミは?

 以前は肩ベルトの不具合などで品質的な人気下降にありました。が、今はココセコムを使用したいとか、低価格でも軽量化しているなど理由でわりと人気を取り戻しています。しかし、縫製の具合や色などはネットの画面とはイメージが違う場合があるので、実際に現物を見て納得してからをすすめられています。

 ナイキのランドセルとは、男の子のみならず「なんてカッコイイんだろう!」と母親の心まで掴んでしまうほどの格好良さがあります。シューズ他、スポーツ用品でスマートかつ機能的でシャープな格好良さをアピールしてきたナイキならではの、男の子が喜ぶランドセルです。

カッコイイデザインと、ナイキマーク

 シャープで立体的なナイキのマーク、そのままスポーツができそうなほどです。素材は人工皮革のベルエース。本革同等以上の耐久性を持つといい、メンテナンスフリーという便利さです。トレーニングバックにも使われるくらいですから、ちょっとやそっとの扱いでは切れたり傷ついたりしないでしょう。

 ベルエースの表面を良く見ると模様のようになっています。更にそこにつく鋲は、しっかり「NIKE」のマーク。ナイキマークがそこここに入っているからこそ、格好良いともいえます。カラーバリエーションは5つ。背負った状態はシンプルですが、下ろすと背あての部分が立体で、中央にナイキのマークが堂々と入っています。カラーもベルトの裏や背当てに重点的にアピールです。

 被せのところにもナイキのマーク。ポケットのチャームにもナイキのマーク。細かいところにまでナイキのブランドが浸透していますね。

機能とA4ファイル
 もちろん機能も充実しています。アップ背カン(ウィング背カン)・オリジナル背あてバックパネル・新形状ショルダーベルト・衝撃吸収肩ベルト・ワンタッチロック錠前・安全フッカー(右ナスカン・左Dリング)・ダブルマルチフッカーは左右についていて、防犯ブザーが取り付けられます。持ち手もついています。

 側面のカッコイイロゴは、実は反射板になっています。また、ショルダーベルト前のシャープなプリントも反射するようになっています。こんなカッコイイ反射板なら子供も嬉しいですね。

 A4ファイル対応になっていますが、こちらは内寸は幅22.2センチでA4ファイルは入るものの、A4フラットファイルやバインダーには対応していません。

6年間使って欲しいからこそ
 6年間使って欲しいからこそ、ロングショルダーに8個の穴をあけて、身長が伸びても背負えるようになっています。また、6年間の保証書付きです。

ナイキのランドセル2013年度版口コミ

 人気色はブラック?イエローです。シルバー?ブルーも人気がありますが、意外に派手ではありません。A4フラットファイル対応ではありませんが、むしろ大きすぎないスマートなシルエットを好む親子が指示しています。ナイキランドセルを選ぶ人は軽量で機能的あれば十分という意見が多いのです。

 かぶせの部分は拡大すると凸凹した感じに見えますが、実際はさらさらした手触りで、ラメっぽい感じもするので傷が目立たないそうです。

 人気の色は特にですが、9月頃から購入に動かないと売り切れてしまうという評判です。

カテゴリ