ランドセル雑学

ランドセルを半分に切ったら
屋鞄のランドセル展示会で展示されていたランドセルの断面模型です。

DSC03803.JPG

DSC03805.JPG

DSC03806.JPG

軽くてキレイと評価の高い人工皮革の代表クラリーノと、一頭の馬から僅かしかとれないお尻の皮コードバンを比べて見ました。

クラリーノ黒ランドセル
クラリーノは軽くてキレイで低価格
人工皮革のクラリーノは軽くて低価格であることで、一番人気のランドセル素材です。年々進化しているので、人工皮革と言えどもその表面は本物の革のようにつややかでキレイです。






コードバンはやっぱり最高
コードバン黒ランドセル
皮革の王様コードバン、品格のある艶といい、なめらかな触り心地といい、人工皮革のクラリーノとは格段に品格のある魅力的な素材です。値段の違いは十分に違いとして感じられます。つやにしても、品のある自然なツヤで、クラリーノとは一味二味も違います。

ランドセルカバーはランドセルを雨や汚れ・キズから守ってくれる心強いアイテムです。カバーはだいたい取り付けも簡単になっていてそのほとんどに反射テープや反射材がついているので安全面もバッチリです。


その日の気分で

ひとくちにランドセルカバーといってもそのバリエーションはとても豊富です。ランドセル本体の色がよくわかる透明のクリアタイプ。ただ雨や汚れから守ってくれるだけでなく、いつもとはちょっと気分を変えたい時にはドットやチェックのカバー。カラーバリエーションも豊富だし、柄も色んなものがあるのでお子様と一緒にカバー選びをするのもいいですね。お兄ちゃんと一緒のランドセルなら僕のランドセルにはポケモンのカバーをつけてみるのもGOOD!なかにはランドセル全体をすっぽり覆ってくれるものもあります。カバーでも人気なのがメゾピアノやポンポネットのナルミヤ系。やっぱり女の子はかわいいものが大好きなのですね。


ハンドメイドも

市販のものだけでなくなかには手作りされる方も多いようです。気に入った柄が見つからなかったとか、かわいいカバーを手作りしてあげたいという親心など作るきっかけは様々。型紙や作り方、ビニールコーティングの生地などはインターネットで検索すると結構出てきますし、意外と簡単にできちゃうという声も多いので、2作目、3作目と作っていらっしゃる方もいます。手作りのカバーを作ってあげたらお子様も大喜び間違いナシですね

ランドセルといえば『頑丈』というイメージですよね。確かにとっても丈夫なランドセルもたくさんありますが、なかには『名前だけ』の高額ランドセルもあるようなので、壊れやすい箇所をしっかりと把握してなるべく壊れないものを選ぶ目を持ちましょう。


丈夫なはずのランドセルが何故壊れるの?

なぜ頑丈なはずのランドセルが壊れるのでしょうか?それは子供が思いもよらない使い方をするからです。『鞄専科 牛田かばん店』に持ち込まれた意外な使い方をされたランドセルを紹介します。

・ランドセルを誰が一番遠くに投げられるか競争した

・二人で左右の肩ベルトを引っ張り合った

・マチの横ベルトに友達が傘の柄を引っ掛けて引っ張った

・家の飼い犬が肩紐を噛み切った

いくら頑丈なランドセルでもこれではどうしようもないですよね。つまりランドセルには多少乱暴に扱っても壊れない頑丈さと素早い修理対応が必要だということです。


どこに注意すればいいか[背カン]

では頑丈なランドセル選びとはどこをみればいいのでしょうか?一番重視していただきたいのは『背カン』です。昨今はプラスチック製のものが多くなっていますが、実はこれが結構壊れやすいのです。金属製のものの方が軽くて丈夫です。背カンを傷めない使い方としては『肩ベルトを体格に合わせて長くしてあげること』です。短いまま使用すると背カンのスライド部に余計な力が加わって早く折れてしまいます。


[肩ベルト]

次に肩ベルトですが取り付け部(背カンを繋がっているところ)が手縫い補強+鋲止めになっているものがいいでしょう。また最初から薄く柔らかいものは強度も不安ですぐにヨレヨレになったりするので少し堅いくらいのものがいいでしょう。また縫い目もしっかりチェックしておきましょう。

大切なランドセルも毎日使っていれば壊れてしまう場合もあるでしょう。特に背カンや肩ベルトはものによっては結構壊れやすかったり、切れやすかったりするそうです。そんな時はどうすればいいのでしょうか?


安心の6年保証

最近はほとんどが6年保証を謳っているのでまず購入店に問い合わせをしてみましょう。購入したときに保証書をつけてくれますが無くしてしまう方が多いようで保証書がなくても修理を受けてもらえる場合が多いです。修理に出している間はほとんどが代替品を貸してもらえます。ただ鞄専門店や修理専門の業者さんなどは金曜日に出して日曜日には手元に戻ってくるという素早い対応をしてくれところもあります。修理代金は故意による故障は有償となるのがほとんどですが、【ぴかちゃんランドセル】の池田屋は、故意による故障も送料も無料、修理不能の場合は無料交換という6年間の完全無料修理保証を謳っています。対応も素早いとの口コミもあるので活用しましょう。


修理料金は?

かばん専門店や修理業者の修理料金の相場は以下のとおりです。(店舗や業者、修理内容によって違いがあります。あくまでも参考にしてください。)

背カン:3,000¥5,500

背負いベルト断裂:¥2,000¥4,000

かぶせベロ部金具断裂:¥1,800¥3,000

ランドセルを購入するにあたってある程度の予算を決めてから購入に向かう方も多いと思います。そこで知っておきたい価格相場。メーカー、購入場所、購入時期によってもかなりの差はありますが、だいたいコードバンで4〜10万円、牛革で2〜5万円、クラリーノで1〜3万円くらいが相場です。前年度の購入価格の全体平均は33,600円で女のこの方が6,000円ほど高く、その差は年々開いています。今年度は約7,000円の差が出ました。これはブランド志向のニーズが増えている結果だと思われます。


安いものは

最安のランドセルは6,400円というランドセルがあります。クラリーノの中でも強度の高いクラリーノFを使用したランドセルで、この値段でもしっかり●6年間安心保証●A4サイズ対応●防犯ブザー付き●左右に動くラクラク背カン●壊れやすい、変形しやすい大マチ部分を型崩れ防止加工した形状補正型など安心のオプションはしっかりついています。レビューを見てもかなりの高評価が並んでいるので、安価重視の方はぜひチェックしておきましょう。


こんな高級ランドセルはいかがですか?

高級志向の方にはとにかく丈夫なコードバンを使った総コードバン・総手縫いのランドセルはいかがでしょう?価格はだいたい10万円くらいです。また名門ブランドから数多くのデザインを依頼されるイタリアの人気デザイナーが手がけたイタリア製ハンドメイドランドセル「バンビーノバンビーナ」はいかがでしょう。ランドセルが本来持つ機能性に加え、イタリアの伝統を継承する上質の革、優れた技術におしゃれなデザインが融合された手作りランドセルです。価格は80,000円くらいです。6年間共に過ごすランドセルです。丈夫で魅力的な高級志向のランドセルもチェックしておくのもいいですね。

これから長く一緒にいることになるランドセル。慎重に選びたいですよね。メーカーや店舗の説明だけではいいことしか言ってないし、ここはやっぱり先輩ママの意見を参考にじっくりと選んでみるのはどうでしょう。ランドセル選びの参考にしてください。


A4対応に気をとられてマチなんて気にしてなかった

勉強道具が少ない日じゃないと体操着袋は入りません。雨の日は傘をさすのに手荷物が多いと危ないです。


●背中がボコボコしてないのがいいな

背あて部がでこぼこしているものは通気性はいいかもしれないけど子供の背中にはあってなかったようで嫌がりました。

●オートロックにすればよかった

閉じ忘れて中身が出てしまいました。


●金属のロックにしたら硬くて子供には開けづらかった

大人でも手を挟んでしまうことがありました。


●反射材がもっとついていたほうがよかった

高学年になって帰りが遅くなったときに反射材がついてれば安全だったのにと思いました。


●軽いはずなのに

荷物の多い日は「重〜い」と言って帰ってきます。本体の重量より体にあったものを選べばよかったです。

●汚れが目立つ

明るいきれいな色を買いました。まめに手入れをしないと汚れが目立つのがちょっと気になります。


●持ち手があったほうがよかったかな

肩ベルトの他に手でもてる持ち手があればちょっとフックにかけたり親がもってあげたりとっても便利そう


3段マチはいらなかったかな

たくさん入ると思い3段マチのタイプにしましたが、結局あまり使わなかったようです。


●合皮は傷がかっこよくない?

お友達の牛革のランドセルはキズがそれなりに皮の風合いが出ていいのですが、うちの子の合皮のランドセルのキズはなんだかボロボロにみえてなんだかみすぼらしい感じがしました。


 色々な意見がありましたが時間をかけてじっくり選んであげるのが一番いいようですね。子供の気持ちも移り気ですし。ちなみにうちの子も先月は絶対青といっていたのに今月は黒と言い始めました。親子で色々とよく話し合って決めたランドセルならお子様もきっと大事にしてくれることでしょう。

色々話し合ってやっと決めたランドセルも地域によっては中学年や高学年のほとんどが他のカバンを使うところもあります。早いところでは1年生でリュックを使うところもあるようです。6年間使うからと丈夫で高価なランドセルを買っても1〜2年しか使わないようだったらもったいないです。6年使わないなら低価格でもキャラクターランドセルや派手めの色でもいいかなと思えますよね。


事前のチェックを!

事前にしっかりお子様の通われる小学校ではどんな状況かを確かめておく必要があります。お子様と一緒に通学路の確認も兼ねて小学生のお兄さん・お姉さんがどれくらいランドセルを使用しているか見てみるものいいでしょう。


先輩ママ・先輩小学生の声

色々なアンケートなどを見ると6〜7割の小学生が卒業まで大事に使ったという結果が出ています。まわりがランドセル以外のカバンに切り替えても自分だけは気に入ったランドセルを6年間使い続けたという声もありました。逆に周りの子がみんなランドセルを使っていたけど自分は体が大きくなってしまいランドセルを使えなくなってしまったという声もありました。また同じ地域でもA小学校ではほとんどの子がランドセルの使っていたのに隣のB小学校ではランドセルの使用率が極端に低かったという例もあります。


ランドセルっていいもんです

結果『ランドセルは何年生まで使うか?』これは●地域や学校によって様々●子供が気に入って買ったランドセルは6年生まで大事に使ってくれるということです。また先生によっても強制はしなくてもランドセルの良さを教示していらっしゃる先生も多いようです。やはりお子様とじっくり話し合っていいランドセルとめぐり合えればきっと長く大事に使ってくれることでしょう。

ランドセルを買うときにやっぱり気になるのは数年後の状態。女の子なら丁寧に扱ってくれそうだし数年後もきれいな状態のままだろうなぁと思えるかもしれませんが、男の子の場合、帰ってくるなりランドセルをポーンと放り投げたり、友達とランドセルを背負ったまま大暴れしたり、引きずって歩いていたり、ランドセルの未来は・・・!?と心配になります。そこでここではランドセルの数年後の状態を紹介します。


壊れやすいのは

一番修理が多いと言われるのが肩ベルトです。軽さだけで選んでしまい肩ベルトがすぐに切れてしまったという事例をよく聞きます。丈夫さでは手作りのかばん専門店の方が優れています。肩ベルトはだいたい2本の縫い目がありますが、3本で縫われていたり、重ねたベルト部の革につなぎ目をつけない、鋲止めと補強革をつけるなどタフなこだわりが色々あります。かばん専門店で紹介されている6年後のランドセルはどれもとてもきれいです。つぶれもせず、傷だらけになっているわけでもなく、本革は革の風合いがいい具合に出て、クラリーノは変わらないツヤがきれいだったりと本当に6年間使ったの?と思ってしまうほどです。この6年後のランドセルの画像をみてかばん専門店で購入を決める方も多いようです。『6年後 ランドセル』で検索してみてください。6年間頑張った色々なランドセルが見られますよ。

テレビを見てもお店を見ても雑誌までもこの時期はランドセルの話題がつきないですよね。でも学校で指定がない地域でもランドセルって必要でしょうか?1年生の小さな体にはほとんど上半身と変わらないほど大きいし、重いし、あんまりおしゃれな感じじゃないし、なぜみんなランドセルなのでしょうか?ランドセルの必要性は賛否両論あります。


反対派の意見

「3~5万円もするような高価な鞄を小さい子に持たせる必要があるのか」

「みんなが持っているからという理由だけでランドセルにしなければいけないのか」

「服や靴にも流行があるように鞄だっておしゃれな鞄を時期や年齢に合わせて買い換えたい」

「高学年になって大きな体にランドセルって、ちょっとかっこ悪い気がする」

みんな同じという日本に根付いた文化は気に入らない。個性があってもいいのでは」


賛成派の意見

「小学校入学=ランドセルって子供の大イベント。子供の小学校に対する意欲も高まるからいいのでは」

「みんなランドセルだし、一人だけリュックでいじめられたりしたらかわいそう」

「しょっちゅう流行の鞄を買い換えることを考えたら6年間で3万円なんて安いもの」

「雨に負けない丈夫さ、なんでも入る収納性、いろいろな便利な機能性、どれをとってもランドセルってすごい!」

「両手が空くから安全」

「何かとぶつかったり、お友達に突き飛ばされたりして仰向けに倒れてしまった時もランドセルを背負っていれば頭を強打しなくてすむから安全面でもランドセルは絶対必要」


ランドセルは日本の文化

このように意見は分かれるところです。確かに小学生=ランドセルという文化が根付いていなければランドセルの需要はどうなってしまうのでしょうか?きっと少なかったでしょう。でも入学式でピカピカのランドセルを背負った小さな子供たちの姿ってとっても微笑ましいですよね。最近では中・高学年になってくるとランドセルを持たなくなる子が増える地域もあります。絶対に必要というわけではないでしょうが、新1年生のお子様の「小学生意欲」を高めるためにも「ピカピカの1年生」の定番アイテム『ランドセル』をあたえてあげるのはいいことではないでしょうか。

カテゴリ