ランドセルには何を入れる?

 ランドセルにはなるべく荷物を入れて、あとは両手を開けて転んだりした時のために安全を確保しておく・・というのが理想です。あえていえば、補助バック(レッスンバック)が1つプラスされるくらいでしょうか。

 では、どんなものがランドセルに入ることになるのでしょうか。現代の「入れる持ち物」は、もしかして親の世代では「え?これも入れちゃうの?」と思う人もいるかもしれませんね。

絶対基本のランドセル入り

 絶対これだけは入れる・・・というものを、まずランドセルに詰めてみましょう。教科書・各教科のノート・ドリル・自由帳・連絡帳と連絡袋(お便りを入れるファイル)・下敷き・筆箱。これらはまずランドセルに一番に入るものです。

 教育指導要綱が変わり、脱ゆとり教育がなされて、教科書も副読本や教材が多くなりました。ノートも宿題専用ノートなどがあります。ドリルは国語・算数くらいは最低でもあるでしょう。テストやプリントをファイルするフラットファイルも入ります。基本のものだけでも、ちょっと重そうですね。

これもランドセルに入れたい

 最近は水筒持参で登校する学校が多くなりました。ところがこの水筒、遠足の時のように肩からかけて学校へ行く・・・というのをわりと子供が嫌がるのです。手提げ、できればランドセルに入れたいと四苦八苦する子供が多くなりました。

 他に給食袋はサイドのナスカンに掛けたいですが、学校によっては引っ掛け事故防止に禁止している場合もあります。つまり、給食袋と水筒がランドセルに入ります。

ランドセルに大物も入れたい

 体操着は手持ちでブラブラさせながら持っていたり、サイドのナスカンにかけていたり、というのが昔の感じでしょうか。今もそういう場合はありますが、今はランドセルの中に入れるのが主流です。他に体育で使う体育帽子も一緒に入れます。

 月曜日には上履きも持参しますね。これもランドセルに入れたりします。月曜日に持っていく荷物が一番多いということになります。逆に金曜日は持って帰る荷物が多くなります。

算数セットなどは学校に置いておきます

 算数セットや鍵盤ハーモニカ・絵の具やクレヨンなどは最初に学校に持っていくとその学期は置きっぱなしになります。しかしそれを除いても、沢山の荷物が小学一年生の肩にかかるのだなと改めて驚きますね。

カテゴリ