大好きな「ディズニー」と学校へ

 小学校入学は、嬉しい反面子供もドキドキしています。揃えてあげる持ち物に、自分の持ち物マーク代わりにキャラクターをつけてみたりすると、子供の気持ちも盛り上がりますね。ディズニーが好きなお子さんでしたら、ディズニーのキャラクターに囲まれて登校するのは心強いのではないでしょうか。

ディズニーランドセル解禁!?

 ディズニーのキャラクターに囲まれてといっても、普通のランドセルにディズニーのカバーやアクセサリーをつけるのではありません。2013年度版から、ディズニーオリジナルランドセルが登場したのです。実はディズニーランドセルは2種類あり、一つはセブン&アイオリジナルディズニーランドセルです。もう一つはディズニーリゾートのオリジナルディズニーランドセルで、オリエンタルランドが出しています。

 オリエンタルランドのディズニーランドセルは予約が2012年7月12日〜10月15日となっています。ディズニーのわりには価格は高くはありませんが、限定感覚は健在ですね。

東京ディズニーリゾートディズニーランドセル

 オリエンタルランドとセブン&アイのディズニーランドセルの比較をしてみましょう。「どちらもディズニーで同じようなものでは?」と思うと、これがちょっと違います。

 まず、オリエンタルランドのディズニーランドセル。ミニーマウスとデイジーダックがモチーフになっています。リボン型のファスナーのチャームや押し型。シンデレラ城が描かれたネームカード。東京ディズニーリゾートならではのデザインといえるでしょう。

 色はピンク・サックス・ブラウン。シルエットはセブン&アイのものに似ていますが、こちらは全体的に上品に仕上がっています。デザインオンリーではなく素材や機能も備わっています。素材は人工皮革で軽く、A4クリアファイル対応になっています。背裏には角度が変えられる背あてがついているなど、機能的でもあります。

 東京ディズニーランドではハウス・オブ・グリーティングで、東京ディズニーシーではイル・ポスティーノ・ステーションナリーの2店舗で申込することになりますが、2013年度版は2012年10月15日に終了しています。

セブン&アイ(ヨーカドー)のディズニーランドセル

 オリジナルのディズニーランドセルと同様に、モチーフはミニーマウスのハートとリボンを使っています。かぶせやポケット、サイドにもミニーちゃんのリボンが。ハートの刻印に刺繍があり、ポケットのチャームはリボン柄です。

 オリジナルのディズニーランドセルはおそらくフィットちゃんコラボに近いと思うのですが、セブン&アイは「天使のはね」のセイバンコラボです。刺繍糸の色や鋲のデザインなどのデザイン性も引けをとりませんが、機能はセイバンコラボなので安心です。女の子はビビットピンク、男の子はブラックです。男の子のデザインはミッキー仕様ですが、キラキラしているのではなく、ミッキーのロゴが格好良く入っているなど「男ミッキー」というイメージです。

 機能はセイバンに沿っていて、「天使のはね」「3D肩ベルト」「スーパーフィット加工」「ワンタッチロック錠前」「ひねぴた&ぴたっこ」「大型ポケット」「持ち手ハンドル」「反射板」など、使いやすさ、重さの軽減、安全を考慮したものになっています。

 素材はクラリーノF・レインガードです。

価格が違うのにビックリ

 オリエンタルランドが高くて、セブン&アイが安い。そう予想していらっしゃる方が多いでしょう。なぜなら、ディズニーリゾートでは飲食物からお土産まで高いですよね?

 ところが、もう締め切られてしまいましたがオリエンタルランドのは49,000円。対してセブン&アイは71,000円です。こちらは12月25日予約締め切りとなっています。が、ネット販売であれば、まだ多少残っているものがあるかもしれません。

カテゴリ