旧モデル購入は本当に得か

 旧モデル、つまり型落ちモデルの購入はどうでしょうか? 脱ゆとり教育が開始されてからA4ファイル対応にもなってきていますし、デザインの傾向も前年からあまり変わっていません。「これ、前の年のでしょ?」などと言う人は殆どいないのではないでしょうか?

 もちろん、A4クリアファイルが曲がって入る型落ちものならば、名の通ったメーカーであっても1万円以下で購入できたりもします。機能は確認したほうが良いでしょう。

アウトレット?値段はお得

 その年度のものでないと「アウトレット」または「型落ち」といわれます。前年度の在庫なので数量限定ですね。池田屋ランドセルでは、1万円引きなどで購入できます。池田屋などはシンプルな外見ですので、型落ちといっても良く見ても分からないかもしれません。また、機能は池田屋ランドセルであれば全てに搭載しているものなので、問題ないでしょう。

 ちょっと気になるのは6年間保証です。池田屋などのランドセルメーカーのアウトレットならば6年間保証がついていたりします。もちろん、買った日からの保証になります。ただし、インターネットなどの中古品の延長であったりすると、保証が望めません。6年間保証の有無と内容はアウトレットはチェックしたほうがよいでしょう。

選べない・特典が少ない

 ララちゃんランドセルも型落ち、つまり2011年度版を持っていて販売しています。売れ筋のエンジェルララでも1万円以上の割引ですからお得感がありますね。しかし選べる幅は7つ。在庫限りですから、なくなり次第終了です。ランドセル商戦、後のほうになってから狙うのは、ちょっとリスクが大きい気がします。

 また、特典プレゼントが少なくなったりもします。あまり気にしない親子であればベストですが、「やっぱり特典も欲しかったな」とか「同じランドセルなのに、あの子が持っているものがない」という事態になる可能性がある場合はオススメできないですね。

カテゴリ