何が変わった?2013年モデル

<div style="border:2px dotted pink;padding:20px;margin:20px;text-align:center;font-size:1.3em;font-weight:bold;">< <a href="http://code-bridge.com/2014/">最新 2014年モデルランドセル ALLコンテンツ</a> ><br />
<a href="http://code-bridge.com/2013/10/-2014-large-ranking.html">一番大きなのは? 内容量ランキング</a><br />
<a href="http://code-bridge.com/2013/10/2014-2.html">2014年モデル 主要ラインナップ</a>
</div>
いよいよ本格的なランドセル購入シーズンとなりました。

2013年モデルのランドセルの流行はどうなのか?
気になるところですね。

大きな特徴としては、上部にハンドグリップ(持ち手)が装備された点です。

自分でランドセルを背負うのが難しい小学一年生の場合、パパやママがランドセルを持ち上げて背負わせてあげることが多いのですが、そんな場面でこのハンドグリップが役立ちます。

また、ハンドグリップは、子供たちが成長して自分で背負えるようになったっら、簡単にとり外れる世になっているランドセルも多く、邪魔になることはないようです。

コクヨのあんふぁんをはじめ、天使のはね、ふわりぃなど、多くのモデルで採用されています。

A4対応の方は、どのランドセルもA4クリアファイルはすっぽり入るのが当たり前となり、A4フラットファイル(バインダー)が入るモデルも多くなりました。

また、傾向として、ランドセルの収納量が多いモデルが増えてきました。持ち運ぶ教材が増えたことに対応して欲しいという多くの要望に応えるためだと思われます。


カテゴリ