ランドセルって必要でしょうか?

テレビを見てもお店を見ても雑誌までもこの時期はランドセルの話題がつきないですよね。でも学校で指定がない地域でもランドセルって必要でしょうか?1年生の小さな体にはほとんど上半身と変わらないほど大きいし、重いし、あんまりおしゃれな感じじゃないし、なぜみんなランドセルなのでしょうか?ランドセルの必要性は賛否両論あります。


反対派の意見

「3~5万円もするような高価な鞄を小さい子に持たせる必要があるのか」

「みんなが持っているからという理由だけでランドセルにしなければいけないのか」

「服や靴にも流行があるように鞄だっておしゃれな鞄を時期や年齢に合わせて買い換えたい」

「高学年になって大きな体にランドセルって、ちょっとかっこ悪い気がする」

みんな同じという日本に根付いた文化は気に入らない。個性があってもいいのでは」


賛成派の意見

「小学校入学=ランドセルって子供の大イベント。子供の小学校に対する意欲も高まるからいいのでは」

「みんなランドセルだし、一人だけリュックでいじめられたりしたらかわいそう」

「しょっちゅう流行の鞄を買い換えることを考えたら6年間で3万円なんて安いもの」

「雨に負けない丈夫さ、なんでも入る収納性、いろいろな便利な機能性、どれをとってもランドセルってすごい!」

「両手が空くから安全」

「何かとぶつかったり、お友達に突き飛ばされたりして仰向けに倒れてしまった時もランドセルを背負っていれば頭を強打しなくてすむから安全面でもランドセルは絶対必要」


ランドセルは日本の文化

このように意見は分かれるところです。確かに小学生=ランドセルという文化が根付いていなければランドセルの需要はどうなってしまうのでしょうか?きっと少なかったでしょう。でも入学式でピカピカのランドセルを背負った小さな子供たちの姿ってとっても微笑ましいですよね。最近では中・高学年になってくるとランドセルを持たなくなる子が増える地域もあります。絶対に必要というわけではないでしょうが、新1年生のお子様の「小学生意欲」を高めるためにも「ピカピカの1年生」の定番アイテム『ランドセル』をあたえてあげるのはいいことではないでしょうか。

カテゴリ