ランドセル選びのポイント

f5479.pngf5480.png
どんなランドセルが子供とって良いのか、購入時の注意点や選ぶ際のポイントなど、ランドセルを実際に使うこどもの目線で長く使えるランドセルの選び方を紹介します。

・A4クリアファイル(22cm)対応ランドセル
・収納量が大きいランドセルランキング

2012年は A4クリアファイル対応サイズ以上が必須

2011年から始まった新学習指導要領により、授業数が大幅に増加し、それに伴い教科書のボリュームも大幅にアップしました。ページ数が増えるのはもちろんA4サイズの教科書も増え、配布物もA4サイズが多くなりました。ランドセルにはA4の教科書がすっぽり入るのはもちろん、もはや、プリントなどを挟んだA4クリアファイル(22cm)がすっぽり入るのは当然になっています。
また、ランドセルへ入れる教材の量が増えたことで、体操服や上履きなどが中に入らなくなるなどの弊害も現れており、ランドセルの収納量の大型化が必要とされております。
2012年モデルのランドセルとしては、A4クリアファイル(22cm幅)は当然として、A4フラットファイル(23cm幅)がすっぽり収まるモデルが大幅に増えました。

大切なのは数年後のこども目線

randoseru.gif
ランドセル選びで大切なのは、ユーザー=こども達の目線で選ぶことです。そして、数年先の成長したこども達の立場で考えてあげなければなりません。(6年間もの長い間使うものですから)
例えば、ランドセルの大きさですが入学当初はとにかくランドセルの大きさが目立ち、ランドセルが歩いているように見える程であり、1年生のこどもの体にはランドセルは大きすぎます。しかし、こどもの成長は早いもので3年生にもなればランドセルの大きさは気にならなくなり、5・6年生となればランドセルが窮屈そうに見える程こども達の体は大きくなります。
また、体の大きさだけでなく、ランドセルに収納する学習用具も増え、ランドセルに収まるかどうかギリギリのサイズの物も出てくるでしょう。そんな時にこども達は、「もう少しランドセルが大きかったらなぁ〜」と思うのです。
色やデザインについても、こども達の好みは成長と共にコロコロと変わりますので、今はxxxキャラクターが大好きだとしても、数年後には見向きもしなり、恥ずしく思うことも多いのです。
数年先にもこども達が快適に使えるランドセルを選んであげましょう。

ランドセル選び大切なポイント

収納力 > 丈夫さ > 背負い易さ・軽さ > 安全策 > 色・デザイン

教材を運ぶことがランドセルなので、十分な収納力があることはランドセル選びの最も重要なポイントです。A4サイズ資料や体操着や給食袋なども入れることがあります。A4フラットファイル(幅23cm)が入り、フタとなる「かぶせ」の部分が長い方がよいでしょう。
5608586.jpg

子供たちが苛酷な扱い方で6年間も使用するランドセルなので、壊れることなく・出来ればキレイであってほしいものです。耐久性の高い素材はもちろん、縫い目やパーツなど細部の作りや素材がしっかしいる耐久性が高いものを選びましょう。

そして、軽さや背負い易さも欠かせないポイントです。当の子供たちは親が気にするほど軽さや背負い易さなどの細かい点までは気にしてないようです。もちろん学校が遠く長時間ランドセルを背負うお子様には親が考慮してあげた方が良いでしょう。

チョットした安全策として、給食袋などを吊るすことの多いナスカンが、強い力が加わった時に外れるタイプがクルマや自転車に引っ掛かった場合のことを考えると安心です。

色やデザインは子供の好みに左右されますが、すぐに飽きるキャラクターものは避けるべきです。子供が成長した時に恥ずかしがらないデザインが良いでしょう。

カテゴリ