クラリーノ シリーズ

NEC_1377_.JPG

クラリーノの強度
強い順に並べると

(強い)
クラリーノ タフロック
 ↑↑
クラリーノ レミニカ
 ↑↑
クラリーノ F
 ↑↑
クラリーノ
(軽い)

 かなり昔は、ランドセルといえば牛革でした。しかし重いのと、雨に弱く、型崩れしやすいのが特長でした。そこから学んだ素材がクラリーノです。クラリーノというのは人工皮革ですが、まさにランドセル仕様の素材で機能的です。

クラリーノは軽い
 クラリーノ素材の一番の良さは軽量なところです。新一年生の小さな身体に背負わせるのに、わざわざ重たいものを親は選びません。中に勉強道具や学校生活のものが一式入ることを考えると、ランドセルそのものは軽量が一番と思いますよね。デザインや収納が一緒くらいであれば、いくつかの候補を持ってみて軽いのを選ぶのが心理です。

クラリーノは手入れが簡単
 小学生に「ランドセルを大切に丁寧に扱ってね」と言っても難しいものです。学校の帰りに何をしてきたのか泥だらけとか、結構有り得ます。6年間できれば綺麗に使って欲しいものです。クラリーノならば乾拭きでさっと落ちるので、面倒な手入れは要りません。

雨が降っても強い
 雨が降れば当然傘を差したり合羽を着て学校へいくことになりますが、どうしてもちょっと濡れたりします。特に新一年生は傘を差すのも危なくて、ランドセルは雨からノーマークだったりします。基本的に革製品は雨にあたると劣化や型崩れを起すので、雨に強い素材が望まれますね。表面着色ではなく素材に着色しているので色落ち・色はげもないので長く綺麗に使えます。

他の素材よりも安い
 多数の利点を兼ね備えながらも、クラリーノは他の素材よりリーズナブルです。入学時にランドセルだけでなく揃えるものが沢山あることを考えると、非常に嬉しい素材でしょう。また、クラリーノにも種類があって、それぞれに特色があります。
 軽さ・風合い・耐久性を三つの柱として考えた場合、普通のクラリーノはダントツで軽さ勝負な感じです。他にクラリーノFという素材がありますが、軽さ+風合いも良くなっています。風合いはクラリーノが天然素材に劣る点ですが、それをクリアした形ですね。
クラリーノ・レミニカやタフロックなどは、合成皮革を形成している繊維が細かいので、しなやかで傷が付きにくく、耐久性に優れています。

カテゴリ