色・デザイン

高学年になっても恥ずかしくないデザイン
色やデザインは子供の好みに左右されるのですが、最低限として、すぐに飽きてしまうキャラクターものは避けるべきです。また、花柄など可愛すぎるデザインも子供が成長した時に恥ずかしがるので注意が必要です。無難なのは昔ながらの黒や赤ですが、おしゃれな紺色やブラウンやベージュなどもありでしょう。個人的には、ピンクや水色や黄色などの奇抜な色は高学年になった時の子供が恥ずかしがらないか気になる所です。

カテゴリ